Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーティングライン

今回は、パーティングラインについてです。


まず、そもそもパーティングラインとは何でしょう?


パーティングラインとはプラモデルの製造(製作ではないのです)段階で出来てしまうもので、金型と金型の合わせ目に出てくるスジのことです。


しかし、最近は技術の進歩であまり気にならないのですが、やはり一部のパーツには目立つところにパーティングラインがあるので、それを処理していきます。


P000022.jpg


これは、前腕のパーツですがきれいにラインが出ています(赤いラインのところです)。


このスジを消していくのですが、消し方はまずはカッターの刃を立てて横に動かして削っていき、ある程度消えたらやすりで仕上げます。


と、またもや簡単に終わらせてしまいました。


まあ、今回のフリーダムは簡単に組み上げる事が目的なのでOKでしょうか。


次回は、組み立ての途中経過を載せるよていです。



製作開始

いよいよ製作開始です。


と、言っても今回の私のように全塗装しないで、お手軽に仕上げる場合はパーツを切ってくみ上げるだけです。


しかしそれでは書く意味が無いので、少しは作り方を書いてみたいと思います。


まずはパーツをランナーから切り出すのですが、その時は多少ゆとりを持って切り出します。


 


P1000017.jpg


このように、パーツにゲートを残しておきます。


その後でカッターや紙やすりを使ってゲートの跡をきれいにしていきます。


すると、このようにゲートの跡がなくなります。


 


P1000020.jpg


写真がぼけていますがゲートの跡が無くなった変わりに無数のやすりの跡が残っています。


しかしこのやすりの跡は、最後にクリアーを吹き付けることによって消えてしまうので大丈夫なのです。


これでもまだ面倒だと言う方は、良く切れるニッパーをパーツにピタッとあててゲートの跡をきればOKです。


その場合切り口が白くなってしまうことがあるのですが、そこの部分だけをガンダムマーカーで、チョンチョンと色づけすればよいでしょう。


このように、パーツを切り出して組み上げていきます。


次回はパーティングラインについて書いてみます。


 

まずは...

プラモデルを作るときに最初にやることはパーツの確認です。


説明書を見ながらパーツがすべてそろっているかを確認します。


すべてのパーツがそろっていることが確認できたら、製作となるのですが...


今回は、キットのほかに必要なものを紹介します。


 


工具


左からニッパー・カッター・紙やすりです。


ニッパーは出来れば模型用のものが良いと思われます。


模型用のものは刃の部分が薄くなっているので細かいパーツの切り出しがとても楽です。


カッターは普通のカッターで大丈夫ですが(刃がポキポキ折れるやつ)、刃はこまめに替えましょう。


ちなみに私が使っているものはデザインナイフと呼ばれるもので、比較的細かい作業に向いています。


一番右が紙やすりですが、私が使っているのは田宮のフィニッシングペーパー(これが一番手に入りやすいかと思われます)の600~1000番です。


 


P1000015.jpg


あと、あると便利なものがガンダムマーカー。


これは最初私も舐めていたのですが、はっきり言って使えます。


色分けは、キットの段階でほぼ出来ているのですが、どうしても再現できていないところもあります、そのような所の塗り分けに。


そして筋彫りに墨入れするときに。


すべてを塗装する場合にはあまり活躍の場がありませんが、お手軽に作りたいときには本当に助かります。


とりあえずこれ等のものがあれば最近のガンプラは作ることが出来ます。


後あればよいものは仕上げ用のクリアーのスプレーでしょうか...


今回はここまでです、次回はいよいよ製作開始です。


 

フリーダム

フリーダム


ストライクで気分をよくした私は、調子にのって新たにガンプラを買ってしまいました。


今回のキットは、ZGMF-X10Aフリーダム。


機動戦士ガンダムSEEDの後半の主役MSですが、このフリーダムは続編のガンダムSEED DESTINYにも登場する名MSなのです。


今度は製作過程もちゃんと写真に撮って公開していきたいと思います。


目標制作期間は2週間、今回も成型色を生かした簡単製作で仕上げていきます。


と、言うことで「リネージュⅡ」は、しばらくお休みです。



ガンプラ

久しぶりの更新になります。


前回、2次転職を済ませた後狩りをしながらテレビを見ていると、夜中にガンダムの放送が...


そこで、ガンプラのCMが流れていまして、久しぶりに作ってみたくなってしまいました。


それで、ガンプラを買いにヨドバシカメラに行ったのですが、いやーたくさんあるある。


ものすごく種類があるんですね、今は。


それに値段もすごいことになっていました。


昔はたしか300円とかだった気がしたのですが...


結局、悩んだ末に私が買ったのはMG(マスターグレード)エールストライクガンダムです。


エールストライクガンダムとは、機動戦士ガンダムSEEDの前半の主役MSで、物語途中から主人公は別のMSに乗ることになりますが、最後まで活躍しています。


で、本当ならば、製作過程などを公開していくのですが、今回はすっかり忘れて一気に組んでしまいました。


それにしても、最近のガンプラはすごいです。


今回は久しぶりだったので、何も手を加えずに組んで、デカールを貼ってクリアーを吹いて墨いれを少々と、お手軽製作だったのですが、しっかりとストライクガンダムになりました。



ストライク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。